距離と時間

Looking at the passing scenery from the train window, we can find various “layers”, depending on the distance.

Things that are close to us are big and sharp,
things that are far away are small and blunt.

I think there is a similar structure in time.

Time that is close to us is fast and clear,
time that is far away is slow and obscure.

電車等にのって流れる風景をぼんやりながめていると、
近くのものはおおきくはっきりと、遠くのものはちいさくぼんやりと、
距離によってさまざまな「層」がみえてきます。

時間にも、そういう「層」のようなものがあるような気がします。
近くの時間は速くすぎさり、遠くの時間はゆっくりと動く、
手前にある時間はおおきく、奥にある時間はちいさく見える。


Video:Layers of Time – Distance 2019
©KATAYAMA Yoshiyuki

It is difficult to see a distant time in a big city, isn’t it?
都会のビルの中ではなかなか遠くの時間がみえにくいですよね。